レンサバとWPのウェブ

レンタルサーバー比較とWordPressのブログ 初心者におすすめの個人向けレンタルサーバー

WPXサーバー

WPXレンタルサーバーがバックアップしてる状況を確認してみる

投稿日: 更新日:

WPXレンタルサーバーは、エックスサーバーが運営しているワードプレスに特化したレンタルサーバーです。個人的には、エックスサーバーを先に借りた方がいいと思います。WPXレンタルサーバーを借りてから、エックスサーバーを借りるのはオススメできません。

エックスサーバーの方が自由度が高くいろんなことができます。一方、WPXレンタルサーバーは、できるだけカスタマイズしない方がいいと思います。カスタマイズしない方が、表示速度が速かったりするくらいです。それを承知なら借りてもいいですけどね。

WPXレンタルサーバーが自動でバックアップしている状況を確認

1)WPXレンタルサーバーの管理パネルのログインフォームからログインします。

2)管理パネルの左サイドバーの真ん中あたりにある「自動バックアップ状況」をクリック

3)ドメイン毎の「MySQLデータベースの自動バックアップ状況一覧」が表示されます。
データベースは、2週間分のバックアップが保存されています。

4)「MySQLデータベースの自動バックアップ状況一覧」の下に「サーバー領域(Web/メールデータ)の自動バックアップ状況一覧」があります。

こちらも、上記と同じくドメイン毎で2週間分のバックアップがありますが、ダウンロードやエクスポートすることができません。代わりに、有料ですが、申し込むことができます。

WPXレンタルサーバーなら、バックアップしなくても問題ないと思います

エックスサーバーやWPXレンタルサーバーは、RAID1といった同じ内容を2本のはハードディスクに同時に書き込む方法になっています。その上に、定期的に自動でデータベースやサーバー領域をバックアップしています。これらのバックアップデータは、有料になることもあるけど、提供してもらうことができます。

ですから、個人的にはバックアップしなくても大丈夫だと思っています。それなのに、小心者なので、月に1回くらいのペースで記事をエクスポートしています。こうすることで、自分のパソコン内に記事データをバックアップできます。手元にあるのって安心できるんです。

それに、ワードプレスからエクスポートしたバックアップデータは、WPXレンタルサーバー以外のレンタルサーバーのワードプレスで簡単にインポートできるんです。どのレンタルサーバーのワードプレスでもインポートできるからいいんです。エクスポートしたデータは、レンタルサーバーを選ばないんです。

詳細は →

wpXレンタルサーバー


-WPXサーバー

Copyright© レンサバとWPのウェブ , 2018 All Rights Reserved.