レンサバとWPのウェブ

レンタルサーバー比較とWordPressのブログ 初心者におすすめの個人向けレンタルサーバー

WPXサーバー

WPXレンタルサーバーでAll-in-One WP Migrationを使ってます

投稿日: 更新日:

ブログを始めて記事が多くなってきたら、バックアップした方がいい。バックアップデータがあれば、バックアップした時点の状態にブログを復元することができるからです。だけど、ワードプレスのエクスポートだと、記事しかエクスポートできないんです。

エックスサーバーでは、エクスポートできました

でも、プラグインのAll-in-One WP Migrationを使うと、記事だけでなく、データベース、画像、テーマ、プラグインなどもエクスポートすることができるんです。それで、エックスサーバーで試してみると簡単にできました。

だけど、このブログは、WPXレンタルサーバーを使っているんですけど、WPXレンタルサーバーだと、バックアップデータをエクスポートできないんです。PHP関数の制限を解除すれば、エクスポートできるとあったんだけど、どうしてもエクスポートできないんです。

調べているうちに、/wp-content/ai1wm-backupsというのが作成されることが分かりました。All-in-One WP Migrationでバックアップデータをエクスポートすると、wp-contentというフォルダの直下にai1wm-backupsというフォルダが作成されるんです。

WPXサーバーは、FTPでai1wm-backupsをDLしました

きちんとエクスポートできているエックスサーバーだけでなく、エクスポートできていないWPXレンタルサーバーにもできているんです。どうやらサーバーにもバックアップデートが保存されるようなんです。

実際に試していませんが、いろいろ検索してみる限り、このai1wm-backupsでインポートできるようなんです。それで、FTPでai1wm-backupsをダウンロードしました。このとき、注意することは、どのブログでもフォルダ名が同じなので間違えやすいってことです。

WPXレンタルサーバーは、ドメインごとのFTPなので、既定のローカル ディレクトリを設定しておけば、ダウンロードするところを間違えることはないと思います。サーバー上にあればいいと思うかもしれませんが、万が一のときは、サーバーに接続できないこともあります。

バックアップデータは、物理的に離れたところにある方が安全であることは間違いありませんから、FTPでパソコンのデスクトップにダウンロードしておく方がいいんです。ダウンロードする時間も手間もかかりませんしね。

詳細は →

wpXレンタルサーバー


-WPXサーバー

Copyright© レンサバとWPのウェブ , 2018 All Rights Reserved.