レンサバとWPのウェブ

レンタルサーバー比較とWordPressのブログ 初心者におすすめの個人向けレンタルサーバー

サーバー全般

ブログを速くするのはいいけれど、無理し過ぎないようにしましょう

投稿日:

無理することなくブログが速くなるなんてことはないと思うんです。高性能の月額料金の高いレンタルサーバーを借りれば無理しなくてもブログの表示が速くなるのかもしれません。だけど、そんなレンタルサーバーがあったとしても借りることができません。

必要以上にブログを速くしなくていいんです

このブログでは、WPXレンタルサーバーを使っています。WPXレンタルサーバー以外にエックスサーバーも借りていますが、個人なら、WPXレンタルサーバーやエックスサーバー以上のレンタルサーバーを借りている人は少ないと思います。

そして、WPXレンタルサーバーでいくつかのブログをやることになるんです。コストパフォーマンスを考えると少なくても3~4個のブログをやることになると思います。1個か2個のブログってことなんて聞いたことがありません。実際にはあるんだと思いますけどね。

それに、WPXレンタルサーバーやエックスサーバーで1ブログだけにすれば、ブログの表示が速くなるとも限らないんです。運営しているブログが少ない方が表示が遅くなる可能性が少なくなるんだけど、それと、ブログの表示が速くなるのとは違うんです。

Javascriptをフッターに移動したらブログが速くなったんです

モバイル表示を速くするには、パソコン表示と同じ大きな画像を読み込ませないことが必要になります。そのためには、アイキャッチ画像を表示する必要があるんだけど、記事内でアイキャッチ画像を表示させるのは簡単ではありません。

いろいろやってもブログが速くならないって段階では、Javascriptの読み込みを遅らせる必要があります。Javascriptの読み込みを遅らせたり非同期に読み込ませるよりも、ヘッダーにあるJavascriptをフッターに移動させる方が効果がありました。

ヘッダーにあるJavascriptをフッターに移動するってことは、Javascriptの読み込みを遅らせるってことになります。ブラウザは、上から順番に読み込んでいくので、フッターに表示すれば余も込みが遅れるんです。

ブログのソースを確認してみると、ヘッダーが最初に表示されている派ずです。そして、フッターが最後に表示されていると思います。もし、フッターが最後でない場合は、フッターを最後に移動した方がいいと思います。


-サーバー全般

Copyright© レンサバとWPのウェブ , 2018 All Rights Reserved.