レンサバとWPのウェブ

レンタルサーバー比較とWordPressのブログ 初心者におすすめの個人向けレンタルサーバー

プラグイン

All-in-One WP Migrationは、エクスポートするときに負荷がかかる!

投稿日:

このブログではWPXレンタルサーバーを使っているんだけど、WPXレンタルサーバーって5分ごとのCPU使用量が分かるんです。1日の平均のCPU使用量も、1日のCPU使用量の最大値も分かるんです。

All-in-One WP Migrationのエクスポートは負荷がかかる

そのWPXレンタルサーバーのCPU使用量を見ると、ときどき、軽く100%を超えていることがあるんです。たまにだし、短期間なんです。恐らく、5分以内だと思うんです。

このCPU使用量が100%を超えている頃、プラグインのAll-in-One WP Migrationでブログをエクスポートしているんじゃないかと思うんです。しかも、連続してブログをエクスポートしているんじゃないかな?

記事を書いてブログを更新すると、データベースを最適化して、All-in-One WP Migrationでエクスポートしているんだけど、そんなにCPU使用量が上がりません。どうみても100%を超えるとは思えないんです。

必ず、エクスポートするとCPU使用量が高くなるのではないんです

だけど、テンプレートのカスタマイズをしたときや、ワードプレスの設定を変更したときなど、全てのブログをAll-in-One WP Migrationでエクスポートすることがあります。

テンプレートのカスタマイズが完成したと思って、All-in-One WP Migrationでブログをエクスポートしたら、修正しないといけないところがあって、すぐに修正して、またAll-in-One WP Migrationでエクスポートすることがあったんです。

5分くらいは間隔をあけるようにしているんだけど、それでも、CPU使用量が高くなることがあるんです。でも、必ず、CPU使用量が高くなって100%を超えるってことではないんです。

共有サーバーだから、少なからず同居しているブログの影響を受けるのだろうか?それとも、そんなことはないのだろうか?だとしたら、All-in-One WP Migration以外に何がレンタルサーバーに負荷をかけているのだろうか?


-プラグイン

Copyright© レンサバとWPのウェブ , 2018 All Rights Reserved.