レンサバとWPのウェブ

レンタルサーバー比較とWordPressのブログ 初心者におすすめの個人向けレンタルサーバー

プラグイン

Contact Form 7で送信に失敗するので、JetpackのContact Formを試す

投稿日:

WordPressなので、プラグインのContact Form 7で固定ページに問い合わせフォームを設置していました。だけど、何度試しても、メッセージの送信に失敗するんです。何度メッセージを送信しても、くるくる回っているだけで送信できないんです。どうやら、WPXレンタルサーバーでRest APIが無効になっているみたいなんです。それで、Contact Form 7でメッセージを送信できないんじゃないかと思うんです。

Contact Form 7でメッセージを送信できない

だけど、いろいろ試してみたんだけど、どうしてもメッセージを送信することができないんです。それで、重いプラグインだからとやめていたJetpackを使うことにしました。以前は使っていたアクセス解析の「サイト統計情報」は使いません。「サイト統計情報」を使うとブログが重くなりそうですからね。

他には、Jetpackでプラグインを自動更新にしていたんだけど、プラグインの自動更新も有効にしません。今回は、Contact Form(コンタクトフォーム)以外の機能は有効にしません。本当は、もうプラグインのJetpackを使わないと決めていたんですけどね。

Jetpackを使わないと決めていたんだけど、Contact Form 7でメッセージの送信に失敗するので仕方ないんです。コンタクトフォームしか使わないんだけど、それでも、ブログが重くならないとは限らないので、徐々にJetpackのコンタクトフォームを設置しています。ブログの表示が遅くなるのであれば、今のまま、メールアドレスを表示しておけばいいのではないかと思っています。

JetpackのContact Formってできることが少ない

Jetpackのコンタクトフォームは、とっても簡単に問い合わせフォームを設置できるんだけど、デザインを変えることができません。問い合わせフォームは、きちんと問い合わせができればいいのであって、お洒落である必要はないんです。そういう人におすすめの問い合わせフォームです。

このブログでは、無料のSEOテンプレートのSTINGER PLUS2を使っているんだけど、プラグインのContact Form 7を使ってるときもデザインは全くカスタマイズしていませんでした。STINGER PLUS2にあるデフォルトCSSのままだったんです。

だから、Jetpackのコンタクトフォームと変わらないくらい簡単だったんだけど、メッセージが送信できないんだから、プラグインを変えるしかなかったんです。Contact Form 7と違って、Jetpackのコンタクトフォームの場合は、細かい設定ができないんです。逆にいうと、メッセージが送信できないってときも何をすることもできないんです。


-プラグイン

Copyright© レンサバとWPのウェブ , 2018 All Rights Reserved.